私には合わなかったドラム式洗濯機

我が家は数年前にドラマドラム式洗濯機を購入しました。

憧れてたんです、雑誌で見て。

乾燥まで一気にできてそのまま着ちゃうという雑誌の奥様の声にも、助かるなあといつか欲しいと熱望してました。

そして引っ越しの時、主人が節水にもなるし長い目でみれば安いからとドラム式洗濯機に変えようと言ってくれました。

初めの1,2年はとても楽でした。

梅雨の時期でもすっきりふんわり乾くし、小さな子がいる時期だったので干す手間を省けてとても助けられてました。

それが変わったのは3年目からです。

何故か、タオルが傷みが早い感じでふんわりしなくなった、むしろゴワゴワしてきたんです。

しかも、乾燥機能も弱くなり生乾きになってしまうので干し直す事が増えました。

良く考えたら、うちのドラム式洗濯機は節水のために少ない水で洗うから、叩き洗いしてるのです。

それでタオルの繊維も早く傷むので、新しいタオルも使い出してすぐにふんわり感がなくなったのです。

それに、最近テレビでダニの話をやってて、洗濯は水が少ないとダニを洗い流せなくて残ってしまうと言ってました。

節水はこれまで有難かったけど、ちゃんとした洗濯にはあまり水をケチらない方が良さそうなんです。

我が家はハウスダストアレルギー気味なので、それも考えるとドラム式にしない方が良かったのかもしれません。

今さら主人には言えないのですが、もし次に買い換えることになったらエコーや節水にばかり気を取られずにきちんと衣類やタオルを優しく洗い上げるものを私も一緒に選ぼうと思います。